0D6CDFD7-92BF-42BA-AED8-F4EC0BD3D2C1

着替え中にドアが開いてしまい、怒られているというシチュエーションとなっており、上着を手に涙目で抗議している表情がかわいらしいフィギュア」みたいですね、リンク先の記述によれば。
※「覗き」と違い、
一応は不可抗力による状況と取れます
(説明抜きでそういう理解が可能な造形にも見えませんが。)


ネットの反応。※「覗き」に直接言及した投稿は除外しました。






「オタク向けコンテンツを攻撃から守っている」と暇空茜自負しようが、

この手の批判はどうしたってそのたび起きるのです。

無意味な悪あがきなんだよ、キミのやってることは。>水原清晃


書籍紹介:日本経済新聞の読書欄に書評が掲載されました。

(クリックするとAmazonへジャンプします。)