IMG_4584

前編がコチラで、



後編はコチラ。



真面目に読む気がしないのですが、

コメントしやすい箇所くらいは拾ってみましょうか。


前編1ページ目より。



まず
1勝できたことは素直に喜びたいです。この勝利は支援者からのカンパなくしてなしえなかった。呼びかけてから1年半で15000万円を超えましたが、この潤沢な資金のおかげで優秀な先生たちを雇えたのです。自腹でやっていたならば23つしか訴訟を起こせなかった。
 

やっぱり6億円も持ってないんじゃないかな?


前編4ページ目より。



警察が刑事告訴を受けたら必ず書類送検しなければならないことは法律で定められていることです。
ただの事務処理的な刑事処分に過ぎなかったのに、メディアはこぞってさも大事件のように報じました。
 

そもそも告訴状は簡単には受理されないみたいですが?

「ただの」事務処理っていうのは印象操作だと思うんだけどなあ。
 

>告訴状を受理する以上は、警察は必ず書類送検をしなければならないので、その受理にはかなりハードルを高くしています。
>告訴は簡単にでき、捜査機関に告訴を受理して捜査をしてもらえると思いがちですが、実務には、告訴を受理してもらうまでに相当の時間と手間を要するのが一般的です。



後編1ページ目より。



僕を陰謀論者だと罵る人たちは、僕が戦っている相手が陰謀めいた存在であると逆説的に認めているわけです。陰謀論と見られてもしょうがないような状況と戦わなくてはならなくなった僕に対して、レッテルを貼ろうとしている当事者たちなわけですよ。
 

この辺、モロに陰謀論者の思考回路っぽい感じがします。


後編2ページ目より。


僕の
SNSYouTubeを見ている人たちは、僕の活動をエンタメとして捉えて見ている一般大衆が外側に大勢いて、その中に彼らが暇アノンと呼ぶ支持者がいる構図だと思う。ただもう僕のことを公然と支持する人は減ってしまいました。

 叩かれてしまうからです。僕が活動を始めた当初は著名な政治家やジャーナリストが堂々とXで支持を表明してくれましたが、今や僕を支持することはデメリットしかない。僕の支持者の多くは匿名アカウントに変わってしまいました。
 

弱気じゃん(笑)。


後編3ページ目より。


僕は東京都が
Colaboに事業を委託しなくなって以降、Colaboの活動を批判していません。今のColaboは自分たちが集めた寄付金、つまり自腹でバスカフェ活動をやっているわけですから、結構なことだと思います。

 僕は最初から言っていますが彼女たちの活動自体は何も批判していません。公金で活動しているのに、デタラメな領収書を出すなどの行為について問題視してきたのです。
 

コンドーム配布をしつこく揶揄したり少女を夜の繁華街におびき寄せてるとかタコ部屋に押し込んでるとか言ったりしてなかったっけ?

歴史否認かよ。


同じく後編3ページ目より。



みんなから見た僕は石川五右衛門のようなものかもしれないと思っているんですよ。鼠小僧でも赤穂浪士でもいい。
大衆が勝手に物語をつけて、悪人だ、いや善人だって勝手に議論すればいい。ただし、僕はそれを社会の役に立つとと信じてやっているということだけは理解してほしいと思っています。
 

そこに名前を挙げたの、全員刑事犯だぞ。>水原容疑者


もう早く起訴されてしまえばいいのに。



書籍紹介:日本経済新聞の読書欄で取り上げられました。

(クリックするとAmazonへジャンプします。)