1F8690C0-C56C-4795-A7F7-0C306D6121AF

20091120日に開設された老舗ネトウヨサイト・その名も「ネトウヨにゅーす」の記事を読もうとしても「404 NOT FOUND お探しのページは見つかりませんでした。」という表示しか出てこなくなっているようです。
 



記事自体に差別表現がなくてもコメント欄にヘイトスピーチが書き込まれがちなので

ずっとそのまま死んでいてください。


追記:回復したようです。くやしいので、いつものアレを載せておきます。

このたび、御社のバナー広告が、コメント欄がヘイトスピーチの温床となっているまとめサイト「ネトウヨにゅーす。」( https://netouyonews.net )に掲載されているのを確認いたしました。


コメント欄がヘイトスピーチだらけとなっている記事の例:


【残当】朝鮮学校の無償化除外 元生徒たちの敗訴が最高裁で確定 

https://netouyonews.net/archives/post-667.html 


ASPSSPを通じて広告配信している場合、これらの業者によるチェック漏れのために、本来ならば広告が配信されてはならないような差別的・反社会的なウェブサイトに広告が表示されてしまっている可能性があるようです。


報道などによりますと、これまでにエプソン販売様などが、ユーザーから「差別サイトに広告が掲載されている」と指摘を受け、その種のサイトへの広告配信を停止する手続きを取っているとのことです。


参考1:「保守速報」への広告停止 エプソン販売「社内規定に反する」と即日対応  

https://www.j-cast.com/2018/06/08330931.html

参考2:津田大介「日本にも波及した広告引き揚げの動き」 

https://dot.asahi.com/wa/2018062000016.html

参考3:高まる「ブランド毀損リスク」<運用型広告の穴とは> "ヘイトサイト"に広告載ることも

http://archive.is/YnbB6


御社におかれましても、このようなサイトに広告が表示されてしまっていることは、さぞ不本意でいらっしゃるのではないでしょうか。


つきましては、然るべくご対応のほど、よろしくお願い申し上げます。




(クリックするとAmazonへジャンプします。)



リベラルランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村